英語の勉強には日々の努力が一番

英語は中学生くらいの頃、とても得意で、点数もかなりいいものをとっていたのですが、それで英語のコースに高校生になって進んでから、帰国子女の人も多いし、自分の能力は本当に井の中の蛙だったのだと感じさせるような環境になりました。それからどうも英語が面白くなくなってしまったのですが、大学は受験がうまくいかず最終的なすべりどめだった大学の英米文学科に進学することになってしまいました。
始めはがっくりしていたのですが、これは新たなチャンスかなと思い、この大学4年間で徹底的に語学を身につけてしまおうと思いました。まずは英語が楽しくなるために、英会話ができるようになろうと思いました。帰国子女の子に聞いても、やはり物心ついたころから話せるタイプの人が多く、あまり参考になりませんでした。けれども、ある時、高校生の時に一年間留学した経験があって、それがきっかけで英語も流暢に話せるようになった人とラッキーなことにお友達になることができました。どのようにしたら話せるようになったのかと尋ねると、
「留学前の準備、この一言に限るわ。」
と言われました。
彼女は、NHKの基礎英語と続基礎英語をまるまる一年間分暗記してから留学したというのです。
これはいいことを聞いたと、私も早速真似をしたのですが、挫折しかけたことは1度や2度ではありません。
でも、なんとかやりきることができました。
この方法で、私は留学をしていませんが、英語が大得意になりました!


このページの先頭へ戻る